プチ整形を受けて、小顔美人になりましょう。

両手で顔に触れる女性

大きく見える原因

多くの女性が、小顔に憧れを抱いている理由については知っていただけたでしょう。
このページでは、なぜ顔が大きく見えてしまうのかという点について紹介していきます。
顔を大きく見せている原因としては、大きくわけて4つに分類されます。
それは、「脂肪」「筋肉」「皮膚」「骨格」の4つです。

まず、脂肪が多いことによって顔が見えてしまうケースがあります。
例えば、下膨れによって皮膚が大きく見えてしまうこともあれば、二重あごになってしまうこともあります。

筋肉に関しては、張りによって大きく見えてしまうことがあるようです。
特に、人によってはエラ周りの筋肉が発達している人がいて、そういった人はどうしても大きく見えてしまいがちです。

皮膚に関しては、たるみが起こることによって大きく見えます。
フェイスラインの皮膚がたるみ、下がってしまうことが原因です。

最後に骨格による原因ですが、これは骨自体が張っているために大きく見えてしまいます。
エラやあご、頬などといった部分の骨が張っていると、当然のことながら大きくなってしまいます。

これらは、プチ整形などによって、解消することができます。
ただ、状態によっては、プチ整形ではなく、一般的な整形手術が必要になる場合もあります。